人生は重き荷を背負うて 長き坂を登るがごとき

LINEで送る

 

『人生は重き荷を背負うて長き坂を登るがごとき』

 

人の一生というものは、重い荷を背負って遠い道を行くようなものだ。

 

という意味

 

応援メッセージ:

 

会社での立場が上に行けば行くほど、背中の荷物は重くなっていくのでしょう。

 

そして、

 

登る坂の角度もきつくなっていくのかもしれません。

 

でも、

 

負けないでがんばってください。

 

そんなときには、

 

坂道の途中で少し休んで、力を取り戻して、また登り続けてください。

 

応援しています。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 書物よりも 見たり聞いたりすること、 地位よりも 経験が第一の教育者だ。

  2. あなたたちが先ですよ生まれも経験も

  3. 冬来たりなば春遠からじ

  4. 1人の力じゃ限りがあるから みんなの力を借りたら 無限大なんだよ

  5. 相手のイライラを 気にしてはいけない。 あなたの問題ではないのだから。

  6. 人生という本には、 うしろのほうに 答えが書いてあるわけじゃない

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。