次善の策は考えない。いつだって、最善策を。

LINEで送る

 

『次善の策は考えない。いつだって、最善策を。』

 

彩雲国物語という小説のセリフです。

 

この小説はファンタジーにはなりますが、

 

男社会の中で女性が強く生きていく様が描かれています。

 

人間は失敗する生き物です。

 

ただ失敗した時、その次に良い策でなく、その時うてる最善の策を考え、実行する。

 

仕事にひたむきな彼女だからこその言葉かなと思います。

 

難しいことだと解していますが、

 

私もこうありたいとついつい思ってしまいました。 

 

LINEで送る

関連記事

  1. 性格は顔に出る、 本音は仕草に出る、 感情は声に出る、に加えれば、 疲労度合は靴底に出る、 プライドは襟に出る、 警戒心は鞄の口に出る、 余裕は歩く速度に出る、 厭世観は眉間に出る、 美意識は文体に出る、 反骨心は筆跡に出る、 自罰傾向は爪に出る、 他罰傾向は椅子の座り方に出る、 人の責め方に甘えは出る。

  2. マネージャー いつも私たちに代わりに責任を取って下さり ありがとうございます。

  3. どんな芸術家でも最初は素人だった。

  4. そなたの努力周りはちゃんと見ておるぞ

  5. 1人の時間を持ってください。 誰のためでもない、 自分のための時間を作ってくださいね。

  6. 不幸のどん底にいて、 みっともない自分を空の上から見ると、 以外にかっこよかったりする

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。