人は目を半分にして 見るくらいが ちょうどいい

LINEで送る

 

三十歳頃のことです。

 

だらしない夫とのケンカが絶えず悩んでいました。

 

そんなときに出会った言葉が、島田紳助さんの

 

『人は目を半分にして見るくらいがちょうどいい

 

です。

 

もとは仏教の言葉だそうで、人を評価するときは、目を半分くらいにしよういうものです。

 

それからは夫のことを薄目で評価してケンカがなくなりました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 悩んで当たり前、 不安で当たり前。

  2. 反対者には反対者の論理がある。 それを聞かないうちに、 けしからん奴だと怒っても はじまらない。 問題の本質的な解決には 結びつかない。

  3. 頑張りすぎなくていいのよ

  4. あなたはあなたであればいい

  5. でっかい岩だと思え!

  6. 隣の芝は青く見える

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。