人は目を半分にして 見るくらいが ちょうどいい

LINEで送る

 

三十歳頃のことです。

 

だらしない夫とのケンカが絶えず悩んでいました。

 

そんなときに出会った言葉が、島田紳助さんの

 

『人は目を半分にして見るくらいがちょうどいい

 

です。

 

もとは仏教の言葉だそうで、人を評価するときは、目を半分くらいにしよういうものです。

 

それからは夫のことを薄目で評価してケンカがなくなりました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 初心忘れるべからず

  2. 悩んで当たり前、 不安で当たり前。

  3. 一番身近にいる旦那と 何でも相談し合わなきゃ 家庭がうまくいかないわよ!

  4. 泣きたいときはプライドを捨て泣きなさい。 そして気持ちを切り替えなさい。

  5. 子供生んで育てるって 大変だから今2人とも 真剣に向き合っているのよ

  6. 希望は人を成功に導く信仰である。 希望がなければ何事も成就するものではない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。