士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

LINEで送る

『士の相知(あいし)は温かにして葉を増さず寒くして葉を枯らさず畏敬(いけい)を深めて益々ますます固し』

 

という言葉があります。

 

これは三国志で有名な諸葛孔明の言葉です。

 

つまり自然というも葉は温かいからといって葉を増やすこともなくかといって寒いから葉を枯らすこともない。

 

順調なときも順調でない時も経験しながら育っていくのが自然というものである。

 

かくしてまた、

 

人間も同じである順調と逆境を経ていよいよ強固な自分になっていく。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 失恋も、 立派な恋愛経験だよ

  2. 人の世に道は 一つということはない。 道は百も千も万もある。

  3. そなたの努力周りはちゃんと見ておるぞ

  4. 思った通りの人生ではなかった。 しかし、 よかったとなら言える人生だったかもしれない。

  5. 蒔かれた場所で咲きましょう

  6. 憂鬱でなければ仕事じゃない

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。