士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

LINEで送る

『士の相知(あいし)は温かにして葉を増さず寒くして葉を枯らさず畏敬(いけい)を深めて益々ますます固し』

 

という言葉があります。

 

これは三国志で有名な諸葛孔明の言葉です。

 

つまり自然というも葉は温かいからといって葉を増やすこともなくかといって寒いから葉を枯らすこともない。

 

順調なときも順調でない時も経験しながら育っていくのが自然というものである。

 

かくしてまた、

 

人間も同じである順調と逆境を経ていよいよ強固な自分になっていく。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 毒を持って毒を制す

  2. 上を向いて歩こう

  3. 男やったら自分から 行動せなあかんで。 チャンスは自分で 掴んでなんぼやで

  4. 苦しくなる時は 自分の認められない所が 相手にうつるもんなんだ

  5. 悩んで当たり前、 不安で当たり前。

  6. ひとつ失恋するたびに、 ひとつずつ好きな歌が 増えていくんだ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。