士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

LINEで送る

『士の相知(あいし)は温かにして葉を増さず寒くして葉を枯らさず畏敬(いけい)を深めて益々ますます固し』

 

という言葉があります。

 

これは三国志で有名な諸葛孔明の言葉です。

 

つまり自然というも葉は温かいからといって葉を増やすこともなくかといって寒いから葉を枯らすこともない。

 

順調なときも順調でない時も経験しながら育っていくのが自然というものである。

 

かくしてまた、

 

人間も同じである順調と逆境を経ていよいよ強固な自分になっていく。

 

LINEで送る

らくらくFX

関連記事

  1. 希望は人を成功に導く信仰である。 希望がなければ何事も成就するものではない。

  2. 冬来たりなば春遠からじ

  3. 飛べ、高く翔べ

  4. 次善の策は考えない。いつだって、最善策を。

  5. 振られた時は 男だって一回 思いっきり泣いて、 それから笑えばいいんだよ

  6. 自分自身を信じてみるだけでいい。 きっと、 生きる道が見えてくる。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。