士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

LINEで送る

『士の相知(あいし)は温かにして葉を増さず寒くして葉を枯らさず畏敬(いけい)を深めて益々ますます固し』

 

という言葉があります。

 

これは三国志で有名な諸葛孔明の言葉です。

 

つまり自然というも葉は温かいからといって葉を増やすこともなくかといって寒いから葉を枯らすこともない。

 

順調なときも順調でない時も経験しながら育っていくのが自然というものである。

 

かくしてまた、

 

人間も同じである順調と逆境を経ていよいよ強固な自分になっていく。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 蒔かれた場所で咲きましょう

  2. どんな状況であっても、 誰にだってチャンスはある。

  3. 人が一生にする失敗の数は決まっていると思うわ。 いくら失敗する私だって、 し尽くしてしまったらおしまいよ。 そう思うと気が楽になるわ

  4. 「一体どれだけ努力すればよいか」という人があるが、 「君は人生を何だと思うか」と反問したい。 努力して創造していく間こそ人生なのである。

  5. 明けない夜はない

  6. 子供生んで育てるって 大変だから今2人とも 真剣に向き合っているのよ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。