士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

LINEで送る

『士の相知(あいし)は温かにして葉を増さず寒くして葉を枯らさず畏敬(いけい)を深めて益々ますます固し』

 

という言葉があります。

 

これは三国志で有名な諸葛孔明の言葉です。

 

つまり自然というも葉は温かいからといって葉を増やすこともなくかといって寒いから葉を枯らすこともない。

 

順調なときも順調でない時も経験しながら育っていくのが自然というものである。

 

かくしてまた、

 

人間も同じである順調と逆境を経ていよいよ強固な自分になっていく。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 無罪を証明するのは有罪を証明するより難しい。 考えて怪しむより旦那さんの居場所を 作って 癒す方が何倍も愛されるよ

  2. ミスをして良かったね

  3. 恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい

  4. 意見が衝突することなんて当たり前。 だってお互い、 もともとは赤の他人なのだから 意見が衝突するってことは、 夫婦ともに真剣に考えている証拠だ

  5. 俺はお前の元彼女より、 お前のこと知ってるよ

  6. 別れてくれて 良かったありがとう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。