士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

LINEで送る

『士の相知(あいし)は温かにして葉を増さず寒くして葉を枯らさず畏敬(いけい)を深めて益々ますます固し』

 

という言葉があります。

 

これは三国志で有名な諸葛孔明の言葉です。

 

つまり自然というも葉は温かいからといって葉を増やすこともなくかといって寒いから葉を枯らすこともない。

 

順調なときも順調でない時も経験しながら育っていくのが自然というものである。

 

かくしてまた、

 

人間も同じである順調と逆境を経ていよいよ強固な自分になっていく。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 自分の母から言われた言葉

  2. あなたが舵をきって船が沈んでも 誰も恨む人はいません。 あなたはこの船の船長で 私たちは船員ですから

  3. 上を向いて歩こう

  4. 現在の一瞬はこの上なく素晴らしい 一瞬である。 現在夕食に五分遅れることは、 十年間の大きな悲しみより重要である。

  5. 大は小を兼ねる

  6. その人が運命の人なら またどこかで出会える

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。