士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

LINEで送る

『士の相知(あいし)は温かにして葉を増さず寒くして葉を枯らさず畏敬(いけい)を深めて益々ますます固し』

 

という言葉があります。

 

これは三国志で有名な諸葛孔明の言葉です。

 

つまり自然というも葉は温かいからといって葉を増やすこともなくかといって寒いから葉を枯らすこともない。

 

順調なときも順調でない時も経験しながら育っていくのが自然というものである。

 

かくしてまた、

 

人間も同じである順調と逆境を経ていよいよ強固な自分になっていく。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 失恋は決して 失敗なんかじゃないよ。 すばらしい思い出が残って、 君がこんなに 成長できたじゃないか

  2. しあわせはいつも じぶんのこころがきめる。

  3. 希望も夢も持たなきゃ楽ですよ 。自分の限界が見えてくるから。 その中で羞恥心とかプライドを捨てられると 人生って案外ちょろいことが多いんじゃないですかね。

  4. 失ってからでは遅いから 彼のことよく考えてみたら?!

  5. 人生という本には、 うしろのほうに 答えが書いてあるわけじゃない

  6. 蒔かれた場所で咲きましょう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。