人は目を半分にして 見るくらいが ちょうどいい

LINEで送る

 

三十歳頃のことです。

 

だらしない夫とのケンカが絶えず悩んでいました。

 

そんなときに出会った言葉が、島田紳助さんの

 

『人は目を半分にして見るくらいがちょうどいい

 

です。

 

もとは仏教の言葉だそうで、人を評価するときは、目を半分くらいにしよういうものです。

 

それからは夫のことを薄目で評価してケンカがなくなりました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 女はよき夫を作る 天才でなければならない

  2. 結婚は忍耐

  3. 「一体どれだけ努力すればよいか」という人があるが、 「君は人生を何だと思うか」と反問したい。 努力して創造していく間こそ人生なのである。

  4. 夫婦は友人以上恋人未満で ほどほど気楽にやるのが 一番いい。

  5. 金は天下の回りもの

  6. 時間が解決してくれるよ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。