トレーディングビュー おすすめインジケーター Waddah Attar Explosion

皆さん、こんにちは!トレーディング愛好者の皆さんにとって、資産が10倍になったインジケーターがあると言われたら、どう思いますか?

本当にそんな夢のようなインジケーターが存在するのでしょうか?それともただの誇大広告に過ぎないのでしょうか?

今日は、Youtubeでおすすめに上がっていた話題の『Waddah Attar Explosion』インジケーターを使った手法を徹底検証します。このインジケーターは、TradingViewで特に人気があり、このインジケーターを使った手法は資産が10倍になったとされています。しかし、本当にそんなにうまくいくのでしょうか?

皆さんが気になるのは、実際のところ、このインジケーターがどれだけ信頼できるのかという点です。私たちのチャンネルでは、話題の戦略やインジケーターを実際にテストして、その真偽を暴いていきます。

この動画では、Waddah Attar Explosionを含むインジケーターの設定方法から実際のトレード例までを紹介し、果たして本当に勝てるのか、実際のデータを用いて検証していきます。最後には、結論をお届けしますので、最後までお見逃しなく!

それでは、早速始めましょう。まずは、インジケーターの設定から見ていきます!

投資家の祭典 GogoJungle AWARD 2023

オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ(MT4・MT5)
 海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中

インジケーター設定

Kaufman Adaptive Moving Average (KAMA)の使い方

カウフマンアダプティブ移動平均 線(KAMA) って知ってますか?このインジケーターは、あなたのトレーディング戦略を一変させるかもしれません。

KAMAは、マーケットのボラティリティに応じて適応する移動平均線です。ボラティリティが低いときは滑らかに、高いときは素早く反応します。

これにより、価格の急な変動にも柔軟に対応できるんです!

例えば、KAMAが緑色のときに買いエントリー、赤色のときに売りエントリーを行います。シンプルだけど効果的な戦略ですね。

実際にこの方法を使ってトレードを行うと、こうなります。見てください、KAMAがトレンドの変化をしっかりと捉えています。

もちろん、リスク管理も忘れずに。常にストップロスを設定して、安全にトレードしましょう。

KAMAインジケーターを使って、あなたもトレーディングを次のレベルに引き上げましょう!

Schaff Trend Cycle (STC)の使い方

シャフトレンドサイクル (STC) インジケーターを知っていますか?これでトレンドの転換点を見逃さない!

シャフトレンドサイクル (STC) は、トレンドの変化を素早くキャッチする強力なインジケーターです。


高速で正確なトレンド検出が可能で、トレードのエントリーとエグジットのタイミングを最適化します。


TradingViewでSTCを設定する方法を見てみましょう。

まず、TradingViewのチャートを開き、インジケータータブをクリックします。
次に、「STC」と検索し、「STC Indicator」を選択します。


STCの設定はデフォルトのまま使っても良いですが、自分のトレードスタイルに合わせて調整も可能です。


STCは、0から100の範囲で表示され、50以上は強いトレンド、50以下は弱いトレンドを示します。


トレンドの転換点を早期に検出することで、利益を最大化するチャンスが広がります。


STCを使ってトレード戦略を強化し、より良いトレードを目指しましょう。


今すぐTradingViewでSTCを試して、トレンドを見逃さないトレーダーになりましょう!

Aroon Indicatorの使い方

アルーンインジケーター (Aroon) を知っていますか?トレンドの強さと方向を簡単に見極める方法をご紹介します!

アルーンインジケーター (Aroon) は、トレンドの強さと方向を測るための優れたツールです。

このインジケーターは、トレンドの始まりと終わりを見極めるのに役立ちます。

TradingViewでAroonを設定する方法を見てみましょう。


まず、TradingViewのチャートを開き、インジケータータブをクリックします。

次に、「Aroon」と検索し、「Aroon Indicator」を選択します。

追加したら、Aroonの設定パネルが表示されます。

デフォルトの設定をそのまま使っても良いですが、自分のトレードスタイルに合わせて調整も可能です。

Aroon UpラインとAroon Downラインが0から100の範囲で表示されます。

Aroon Upが70以上、Aroon Downが30以下の場合、強い上昇トレンドを示します。

逆に、Aroon Upが30以下、Aroon Downが70以上の場合、強い下降トレンドを示します。

Aroonインジケーターを使ってトレンドの強さと方向を正確に把握し、トレードの精度を高めましょう。

Waddah Attar Explosionの使い方

ワッダアッタエクスプロージョン (Waddah Attar Explosion) でトレンドの爆発的な動きを見逃さない方法をご紹介します!

ワッダアッタエクスプロージョン (Waddah Attar Explosion) は、強力なトレンドの始まりをキャッチするためのインジケーターです。

これにより、トレンドの爆発的な動きを見逃さずに捉えることができます。

TradingViewでWaddah Attar Explosionを設定する方法を見てみましょう。

まず、TradingViewのチャートを開き、インジケータータブをクリックします。

次に、「Waddah Attar Explosion」と検索し、「Waddah Attar Explosion V2」を選択します。

追加したら、Waddah Attar Explosionの設定パネルを表示します。

デフォルトの設定をそのまま使っても良いですが、自分のトレードスタイルに合わせて調整も可能です。

インジケーターは、価格の動きとボラティリティを基にしたバーを表示します。

緑のバーが上昇すると買いのシグナル、赤のバーが上昇すると売りのシグナルを示します。

また、白色のラインがエクスプロージョンレベルを示し、このラインを超えると強力なトレンドが始まる可能性があります。

ワッダアッタエクスプロージョンを使って、トレンドの爆発的な動きを捉え、トレードの精度を高めましょう!

ATR Bandsの使い方

ATRバンド (ATR Bands) でボラティリティを活用してトレードの精度を上げる方法をご紹介します!

ATRバンド (ATR Bands) は、ボラティリティを利用してトレードのエントリーとエグジットを最適化するインジケーターです。

ATRは「平均真実範囲 (Average True Range)」の略で、相場のボラティリティを示します。

TradingViewでATRバンドを設定する方法を見てみましょう。

まず、TradingViewのチャートを開き、インジケータータブをクリックします。

次に、「ATR Bands」と検索し、「ATR Bands」を選択します。

追加したら、ATRバンドの設定パネルを開きます。

デフォルトの設定をそのまま使っても良いですが、今回は、ATR Multiplier UpperとLowerを3に設定します。

ATRバンドは、相場のボラティリティに基づいて上下のバンドを形成します。

価格が上バンドに接触すると買われすぎ、下バンドに接触すると売られすぎを示唆します。

これを利用して、適切なエントリーとエグジットのタイミングを見極めることができます。

ATRバンドを使ってトレードの精度を高め、利益を最大化しましょう!

これで設定が完了しました。次に、このインジケーターを使った実際のトレード例を見ていきましょう。

オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ(MT4・MT5)
 海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中

Waddah Attar Explosion手法説明

時間足:1時間足

通貨ペア:BTCUSD

ロングトレード

まずは、ロングエントリーの条件から見ていきましょう。

1つ目はKAMAです。価格がKAMAの上にあり、ラインが緑色であることが条件です。

2つ目はSTCインジケーター。STCが上のバンドの上にあり、緑色であることが必要です。

3つ目はArun Indicator。緑のラインが赤のラインの上にあることが条件です。

4つ目はWaddah Attar Explosion。ヒストグラムの緑のキャンドルが白いラインの上にあることが確認できたら、エントリーの準備が整います。

テイクプロフィット&ストップロス

最後に、ATR Bandsを使ってリスクリワードを1:1.3に設定し、ストップロスとテイクプロフィットを設定します。

ショートトレード

次に、ショートエントリーの条件を見ていきましょう。1つ目はKAMAです。価格がKAMAの下にあり、ラインが赤色であることが条件です。

2つ目はSTCインジケーター。STCが下のバンドの下にあり、赤色であることが必要です。

3つ目はArun Indicator。赤のラインが緑のラインの上にあることが条件です。

4つ目はWaddah Attar Explosion。ヒストグラムの赤のキャンドルが白いラインの上にあることが確認できたら、エントリーの準備が整います。

テイクプロフィット&ストップロス

最後に、ATR Bandsを使ってリスクリワードを1:1.3に設定し、ストップロスとテイクプロフィットを設定します。

オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ(MT4・MT5)
 海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中

【関連】【96.8%の精度】平均足を使った5分足スキャルピング手法で利益を最大化する究極のインジケーター!

Waddah Attar Explosion 手法バックテスト&結果 

経過日数339日
合計トレード100回
勝ちトレード50回
負けトレード50回
建値0回
総利益-159324.00pips
利益計3024616.00pips
損失計3183940.00pips
プロフィットファクター0.95
勝率50%
負け率50%

Waddah Attar Explosion手法のバックテスト結果を見た限りでは、この手法は期待していたほどのパフォーマンスを発揮していないようです。以下に、結果から得られるいくつかの考察を挙げます。

  1. 総利益がマイナス:339日間で総利益が-159324.00pipsとなっており、利益よりも損失が上回っています。これは手法の一貫性に問題がある可能性を示唆しています。
  2. プロフィットファクターが1未満:プロフィットファクターが0.95ということは、損失が利益を上回っていることを意味します。一般に、プロフィットファクターが1以上でないと長期的に利益を出すのは難しいです。
  3. 勝率が50%:勝率が50%とトレードの半分が勝ち、半分が負けている状態です。これは一見するとバランスが取れているように見えますが、損失が利益を上回っているため、リスクとリワードの比率に問題がある可能性があります。
  4. リスク管理の重要性:手法自体に問題がある可能性もありますが、適切なリスク管理が行われていないことが原因かもしれません。ストップロスやテイクプロフィットの設定を再評価する必要があるかもしれません。

ChatGPT4o に改善を聞いてみた

1. インジケーターの調整と最適化

  • パラメータの調整: Waddah Attar Explosionインジケーターのパラメータを最適化します。特に、爆発レベルやボラティリティの設定を市場の変動性に合わせて調整します。
  • 追加のフィルターを導入: 他のインジケーター(例えばRSIやMACDなど)を併用し、エントリーシグナルの精度を高めるためのフィルターを追加します。

2. エントリーとエグジットの戦略

  • エントリーシグナルの改善: 複数のインジケーターが一致した場合にのみエントリーするなど、エントリー条件を厳しくします。
  • エグジットシグナルの見直し: 利益確定のタイミングを改善し、トレンドのピークでエグジットできるようにするため、トレールストップを利用するなどの手法を検討します。

3. リスク管理

  • ストップロスとテイクプロフィットの再評価: ストップロスの位置を適切に設定し、リスクリワード比率を改善します。例えば、リスクリワード比率を1:2以上に設定し、勝率が低くても利益を上げやすくします。
  • ポジションサイズの調整: 各トレードのポジションサイズを口座資金の1-2%に抑えることで、大きな損失を防ぎます。

4. バックテストとフォワードテスト

  • 長期間のバックテスト: 異なる市場環境でのパフォーマンスを確認するため、長期間のデータを使ったバックテストを行います。
  • フォワードテスト: 実際の市場でデモ口座や小額資金を使ったフォワードテストを行い、手法の実用性を確認します。

5. マーケットの特性に合わせる

  • 市場のボラティリティに対応する: 異なる市場(例えば、通貨ペアや株式市場など)の特性に合わせて手法を調整します。特にボラティリティの高い市場では、インジケーターの設定を調整することが重要です。
  • 異なる時間枠でのテスト: 異なる時間枠(例えば、5分足、1時間足、日足など)で手法をテストし、最も効果的な時間枠を特定します。

6. 心理的要因の管理

  • トレードルールの厳守: エントリーやエグジットのルールを厳守し、感情に左右されないトレードを行います。
  • トレード日誌の活用: トレード日誌をつけて、自分のトレードの振り返りを行い、改善点を見つけます。

Waddah Attar Explosion 手法 具体的な改善例

改善後のエントリー条件

ロングエントリーの条件

  1. KAMA:
    • 価格がKAMAの上にあり、ラインが緑色であること。
  2. STCインジケーター:
    • STCが上のバンドの上にあり、緑色であること。
    • 追加条件: STCが50以上(強いトレンドを示唆)であること。
  3. Aroon Indicator:
    • 緑のラインが赤のラインの上にあり、かつ緑ラインが70以上、赤ラインが30以下であること(強いトレンドを示す)。
  4. Waddah Attar Explosion:
    • ヒストグラムの緑のキャンドルが白いラインの上にあり、かつ緑バーの高さが前の2バーよりも高いこと(トレンドの強さを確認)。
  5. ATR Bands:
    • ATR Bandsを使ってリスクとリワード比率を1:2に設定し、ストップロスとテイクプロフィットを設定。

ショートエントリーの条件

  1. KAMA:
    • 価格がKAMAの下にあり、ラインが赤色であること。
  2. STCインジケーター:
    • STCが下のバンドの下にあり、赤色であること。
    • 追加条件: STCが50以下(強い下降トレンドを示唆)であること。
  3. Aroon Indicator:
    • 赤のラインが緑のラインの上にあり、かつ赤ラインが70以上、緑ラインが30以下であること(強い下降トレンドを示す)。
  4. Waddah Attar Explosion:
    • ヒストグラムの赤のキャンドルが白いラインの上にあり、かつ赤バーの高さが前の2バーよりも高いこと(下降トレンドの強さを確認)。
  5. ATR Bands:
    • ATR Bandsを使ってリスクとリワード比率を1:2に設定し、ストップロスとテイクプロフィットを設定。

その他の改善点

  1. パラメータの最適化:
    • Waddah Attar Explosionインジケーターや他のインジケーターのパラメータを市場の特性に合わせて微調整します。
    • 例えば、Waddah Attar Explosionのボラティリティ計算期間を異なる期間でテストし、最適な設定を見つけます。
  2. エグジットの最適化:
    • トレールストップを利用して、トレンドの途中で利確するのではなく、トレンドの終わりまで利益を伸ばす。
    • 重要なサポートやレジスタンスレベルで部分利確を検討する。
  3. トレードのフィルタリング:
    • 主要な経済指標発表や重要なニュースが予定されている場合、トレードを控える。
    • ボラティリティが極端に低い市場環境ではトレードを避ける。
  4. リスク管理:
    • トレードごとのリスクを口座資金の1-2%以内に抑えます。
    • ドローダウンが許容範囲を超えた場合、一時的にトレードを停止し、戦略の見直しを行います。

バックテストとフォワードテスト

  • 長期間のバックテストを行い、異なる市場環境でのパフォーマンスを確認します。
  • 実際の市場でデモ口座や小額資金を使ったフォワードテストを行い、手法の実用性を確認します。

これらの改善点を実施することで、Waddah Attar Explosion手法のパフォーマンスを向上させ、プロフィットファクターを1以上にする可能性が高まります。継続的なモニタリングと最適化を行い、手法の精度を高めていきましょう。

オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ(MT4・MT5)
 海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中

Waddah Attar Explosion 手法 終わりに

皆さんはどう思いますか?

今回はWaddah Attar Explosion 手法をご紹介しました。

この手法についてのご意見をコメントで教えてください。

また、このチャンネルで取り上げてほしい他の手法があれば、ぜひ提案してください。

今日のビデオが役立ったと思ったら、いいねとチャンネル登録を忘れずに。

それでは、次回の動画でお会いしましょう。パックンでした。

関連記事

  1. Chat GPT で見つけたEMAと3つのオシレーターを使った手法検証【#121世界の手法から】

  2. 有名fx YouTuber手法 プチスイング 手法を検証してみた

  3. 【勝率100%】Buy Sellインジケーター戦略はFX 初心者でも本当に勝てるのか検証

  4. 【#57世界の手法から】ラボリックSARの秘密の設定で勝てるらしいホントか検証!

  5. 【#31世界の手法から】radar signal trading system

  6. 【#70世界の手法から】MT4のParabolic SARとMA を利用した手法は最強なのか?検証FOREX TRADING SYSTEM

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。