RSI MAとEMAを使った約1ヶ月で資産を50倍にした手法を検証【#119世界の手法から】

LINEで送る

おつかれっす〜!ぱっくんです! RSI MA

ということで、世界の手法からやっていきたいと思います!

今回検証する手法は、海外のサイトで紹介されていたtradingviewインジケーター手法です。

2つのインジケーターを使用した手法になります。

チャートに表示させるとすごくシンプル手法に見えます。

さて、この手法が本当に勝てるのか検証していきましょう!

この企画は、世界のあらゆる手法、ロジック、ストラテジー、システム、インジケーターや怪しげな手法を網羅的に検証し、本当に勝てるのか検証する企画です!

youtubeやブログなどありとあらゆる媒体に怪しげな手法は存在します。

そのどれも、勝率80%以上やリスクリワード1:5など超優秀な手法がごろごろしています。ですが、その手法を使って痛い目にあった経験があるのではないでしょうか?

そんな詐欺的手法を暴いていきましょう。

逆に言えば、このチャンネルで勝率が良ければ本当に良い手法なのかもしれませんので、手法のアイデアやあなたのトレードに役立ったな〜という人はチャンネル登録といいね!してもらえると励みになります!

はいと言うことで、今日はこちらの 怪しげな手法を紹介する前に1つ宣伝。

Titan FXからコピートレード・アプリ『Titan FX Social』がリリースされました。


Titan FX Social の特徴:

  • MT4 / MT5、スタンダード / ブレードの取引口座とリンク 
  • 世界中のトップトレーダーのトレードをフォロー& コピー 
  • アプリから直接取引ができる 
  • 取引戦略を共有してシグナルプロバイダーとしての収益が可能
  • 日本語を含む18種類の言語に対応
  • トレーダー同士のチャットができる


世界中の有名トレーダーをコピーするだけで簡単にトレードが出来るコピートレードは、海外でもとても人気です。興味のある人は概要欄からチェックしてみてください。

コピートレード・アプリ『Titan FX Social』◀

華麗に宣伝を挟んだところで、今回はRSI MAとEMAを使った手法になります。

画面のこちらになります!

RSI

RSI MAとEMAを使った手法とは?

この手法は、海外のサイトで紹介されていたtradingviewインジケーター手法です。

2つのインジケーターを使用した手法になります。

チャートに表示させるとメインチャートに1つ、サブチャートに1つと、とてもシンプルな手法になっています。

さて、この手法が本当に勝てるのか検証していきましょう!

手法の重要ポイント

・RSIの設定を変更する

・RSI MAの動きが重要

・損切りをタイトにして損小利大を狙う

オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ(MT4・MT5)◀
▶海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中◀

RSI MAとEMAを使った手法で使うインジケーター紹介

RSIとは?

RSI

相対力指数(RSI)は、値動きの強さを測定するために使用されるテクニカル指標です。RSIは、直近の上昇幅と下落幅を比較し、買われすぎや売られすぎを判断するモメンタム指標です。

トレーダーはRSIを取引戦として利用し、RSIが一定の条件に達したときに売買します。

例えば、

  • 買われすぎと売られすぎのレベルを探します。RSIは0~100の範囲で設定されます。RSIの値が70を超えると買われすぎ、30を下回ると売られすぎとみなされます。これらのレベルは、潜在的な売買シグナルとして使用することができます。
  • ダイバージェンス(乖離)を探す。RSIが高値や安値を更新している一方で、価格が更新されていない場合、価格のトレンドが反転しようとしているサインである可能性があります。
  • 強気または弱気のセンターラインのクロスオーバーを探す。RSIが50以下から50以上に上昇すると、強気なセンターラインクロスオーバーが発生します。弱気のセンターラインのクロスオーバーは、RSIが50以上から50以下まで下降したときに起こります。
  • 他の指標と組み合わせる RSIはモメンタム指標であるため、移動平均や支持線・抵抗線など、他の指標と併用することで、より効果的になります。

CM EMA Trend Bersとは?

RSI

指数平滑移動平均(EMA)は、移動平均の一種で、単純移動平均よりも最近の価格データに重きを置いているため、最近の値動きに対してより敏感に反応します。EMAは、トレンドフォローの指標であり、テクニカル分析では、値動きを滑らかにし、トレンドの方向を特定するためによく使われ ます。

例えば、

  • トレンドの特定。EMAは、傾きを見ることによって、トレンドの方向を特定するために使用することができます。EMAが上昇すれば上昇トレンド、下降すれば下降トレンドを示します。
  • クロスオーバーのシグナル。短期EMAが長期EMAを上回った場合、強気のシグナルとなり、短期EMAが長期EMAを下回った場合、弱気のシグナルになります。
  • サポートとレジスタンス。EMAは支持・抵抗線として機能し、価格がEMAの水準で支持または抵抗を受ける傾向があることを意味する。
  • 他の指標との組み合わせ:EMAはRSI、移動平均、支持線/抵抗線など他の指標と組み合わせて使用されます。

関連 平均足+EMA+buy Sell Signal 手法をトレーディングビューで検証

オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ(MT4・MT5)◀
▶海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中◀

RSI MAとEMAを使った手法説明

インジケーター設定

  • RSI
  • RSI
  • RSI

時間足 :5分足以上
通貨ペア:暗号通貨・外国為替

BUYの場合 b

  • CM EMA Trend Bersが緑色の線になる
  • RSI MAが50%より上にあったらBUY

Take Profit

  • RSIの70以上になり、70を割り込んだら利益確定
  • CM EMA Trend Bersとろうそく足がクロスしたら利益確定

ストップロス・ロスカット

ストップロスは、CM EMA Trend Bersの線に置く

それでは実際のチャートで売買のポイントを見ていきましょう

RSI
GBP/JPY

このチャートはGBP/JPYのチャートです。CM EMA Trend Bersが赤から緑に変わり、RSIも50のミドルラインを超えてたのでBuy。

損切りはCM EMA Trend Bersの下に置きます。

今回の利確は、RSI70を超え、割り込んだので決済。

RSI

このチャートはGoldのチャートです。CM EMA Trend Bersが赤から緑に変わり、RSIは元々ミドルラインを超えていて、50のミドルライン付近まで下落してもう一度上昇基調になったのでBuy。

損切りはCM EMA Trend Bersの下に置きます。

今回の利確は、RSIが中々70の値を超えずにCM EMA Trend Bersとろうそく足がクロスしたので決済。

RSI

このチャートはBTC/USDのチャートです。CM EMA Trend Bersが赤から緑に変わり、RSIも50のミドルラインを超えてたのでBuy。

損切りはCM EMA Trend Bersの下に置きます。

今回の利確は、RSIの70を超え、割り込んだので決済。

SELLの場合

  • CM EMA Trend Bersが赤色の線になる
  • RSI MAが50より下にあったらSell

Take Profit

  • RSIの30以下になり、30を上回ったら利益確定
  • CM EMA Trend Bersとろうそく足がクロスしたら利益確定

ストップロス・ロスカット

ストップロスは、CM EMA Trend Bersの線に置く

RSI

それでは実際のチャートで売買のポイントを見ていきましょう

RSI

このチャートはGBP/JPYのチャートです。CM EMA Trend Bersが緑から赤に変わり、RSIも50のミドルラインを下回ったのでSell。

損切りはCM EMA Trend Bersの上に置きます。

1回目の利確は、順調に下落していきましたが、RSIの30を下回らずにCM EMA Trend Bersにクロスしたので決済

2回目はRSIの30を下回ったあと再びRSIの30を超えたので決済。

RSI

このチャートはGoldのチャートです。CM EMA Trend Bersが緑から赤に変わり、RSIも50のミドルラインを下回ったのでSell。

損切りはCM EMA Trend Bersの上に置きます。

今回の利確は、RSI30を下回ったあと再びRSI30を超えたので決済。

RSI

このチャートはBTC/USDのチャートです。CM EMA Trend Bersが緑から赤に変わり、RSIも50のミドルラインを下回ったのでSell。

損切りはCM EMA Trend Bersの上に置きます。

今回の利確は、RSIの30を下回り再びRSIこ30を超えたので決済。

オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ(MT4・MT5)◀
▶海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中◀

RSI MAとEMAを使った手法バックテスト検証結果

今回は、2023年1月2日から2023年2月1日までの31日間検証してみました。CAD/JPYの30分足で検証してみました。結果は以下の通りです。

経過日数31日
合計トレード25回
勝ちトレード7回
負けトレード18回
総利益225.4pips
利益計557.5pips
損失計-332.1pips
プロフィットファクター1.68%
勝率28%
負け率72%

損切りがタイトなので損小利大になりました。勝率が28%でプロフィットファクター1.6は中々のものではないでしょうか?

相場の特性上、急激な上昇の後はレンジになる可能性が高いので、様子を見た方がよいという事、また

エントリー後利益が伸びずにEMAに近づいてきたら、微益、微損でも早めに撤退して次のチャンスを狙ったほうがよいという事、エントリー後利益が伸びているものの、RSI MAが60レベルに達せずに右往左往しているときも早めに撤退した方がよいと思いました。

RSI MAとEMAを使った手法 おわりに

いかがだったでしょうか?

気になった方は、いろいろな通貨ペアで試してみてください!

また、視聴者さんが気になっているサイトやYouTubeチャンネル、怪しげな手法などがありましたら教えてください!

検証できそうなものはまた検証したいと思います!

それでは、パックンでした!

口座アフィリエイトご協力お願いしますm(__)m

▶海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中◀

>>100円から取引できる、あんしんFX口座開設はこちら<<

▶FXトレーダーは絶対DLすべき!無料レポート◀

#FX #インジケーター #世界の手法から

LINEで送る

関連記事

  1. MT4のインジケーターehlers two pole super smoother filter oscillator+200MA(移動平均線)手法を検証してみる【#74世界の手法から】

  2. 有名fx YouTuber手法 プチスイング 手法を検証してみた

  3. 【#63世界の手法から】矢印インジケーターとMAを使った手法を検証 FOREX TRADING SYSTEM

  4. MAとADXを利用した「MADX Cobra System」を検証してみた【#104世界の手法から】

  5. 『10万円を500万円に変えた』という単純な取引戦略が本当か検証してみた!ボリンジャーバンド+MA【#110世界の手法から】

  6. #12世界の手法から海ツール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。