人生は重き荷を背負うて 長き坂を登るがごとき

LINEで送る

 

『人生は重き荷を背負うて長き坂を登るがごとき』

 

人の一生というものは、重い荷を背負って遠い道を行くようなものだ。

 

という意味

 

応援メッセージ:

 

会社での立場が上に行けば行くほど、背中の荷物は重くなっていくのでしょう。

 

そして、

 

登る坂の角度もきつくなっていくのかもしれません。

 

でも、

 

負けないでがんばってください。

 

そんなときには、

 

坂道の途中で少し休んで、力を取り戻して、また登り続けてください。

 

応援しています。

 

LINEで送る

関連記事

  1. まわりの期待は嬉しいし、 まわりから期待されてるから 頑張れるっていうことも本当だし、 かっこよく生きたいっていうのも本心。 でも、そうね。 時にはいいのかもしれない。 頑張らない時があっても。

  2. 七転八倒

  3. ひそかに清く自己を保存せよ。 自分の周りは荒れるにまかせよ。

  4. 我人に勝つ道を知らず、 我に勝つ道を知る。

  5. ミスをして良かったね

  6. 部長に学べて幸せです

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。