人生は重き荷を背負うて 長き坂を登るがごとき

LINEで送る

 

『人生は重き荷を背負うて長き坂を登るがごとき』

 

人の一生というものは、重い荷を背負って遠い道を行くようなものだ。

 

という意味

 

応援メッセージ:

 

会社での立場が上に行けば行くほど、背中の荷物は重くなっていくのでしょう。

 

そして、

 

登る坂の角度もきつくなっていくのかもしれません。

 

でも、

 

負けないでがんばってください。

 

そんなときには、

 

坂道の途中で少し休んで、力を取り戻して、また登り続けてください。

 

応援しています。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 今の自分が未来の自分を作る、 今を大切にして未来を掴め

  2. 明日は明日の風が吹く

  3. 人が一生にする失敗の数は決まっていると思うわ。 いくら失敗する私だって、 し尽くしてしまったらおしまいよ。 そう思うと気が楽になるわ

  4. 不幸を治す薬は、 ただもう希望よりほかにない。

  5. やっぱり仕事している女性は違うのよ。 近所の役員しててもお仕事してる人は 意識も違うし頼りになるの。 だからこれからも働ける限りは働き続けた方が良いよ、 お互い頑張ろうね。

  6. 何もしないよりも、 やって後悔した方が何倍もいい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。