人生は重き荷を背負うて 長き坂を登るがごとき

LINEで送る

 

『人生は重き荷を背負うて長き坂を登るがごとき』

 

人の一生というものは、重い荷を背負って遠い道を行くようなものだ。

 

という意味

 

応援メッセージ:

 

会社での立場が上に行けば行くほど、背中の荷物は重くなっていくのでしょう。

 

そして、

 

登る坂の角度もきつくなっていくのかもしれません。

 

でも、

 

負けないでがんばってください。

 

そんなときには、

 

坂道の途中で少し休んで、力を取り戻して、また登り続けてください。

 

応援しています。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 人の世に道は 一つということはない。 道は百も千も万もある。

  2. 人と競うのでなく昨日の自分と比べろ

  3. やってみて 言って聞かせて やらせてみて 誉めてやらねば 人は動かじ

  4. 立場の低い者に恵みを示している人は 神に貸しているのであり、 その扱いに対して神は これに報いて下さる

  5. どんな芸術家でも最初は素人だった。

  6. 石のうえにも三年

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。