人生は重き荷を背負うて 長き坂を登るがごとき

LINEで送る

 

『人生は重き荷を背負うて長き坂を登るがごとき』

 

人の一生というものは、重い荷を背負って遠い道を行くようなものだ。

 

という意味

 

応援メッセージ:

 

会社での立場が上に行けば行くほど、背中の荷物は重くなっていくのでしょう。

 

そして、

 

登る坂の角度もきつくなっていくのかもしれません。

 

でも、

 

負けないでがんばってください。

 

そんなときには、

 

坂道の途中で少し休んで、力を取り戻して、また登り続けてください。

 

応援しています。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 石のうえにも三年

  2. 辛いとき、 苦しい時こそ笑いましょう。 能天気になりましょう。

  3. 未来の海賊王の仲間が 情けねえ顔すんじゃねえ!

  4. あなたはあなたであればいい

  5. 嫉妬という字は、 2つとも女へんが使われているが、 これを男へんに変えたい。 女の嫉妬なんてかわいいもの。 男の嫉妬は、 国を変えてしまうほどの怖さがある。

  6. ミスをして良かったね

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。