冬来たりなば春遠からじ

LINEで送る

 

『冬来たりなば春遠からじ』

社会人になって営業職になったもののなかなか注文が取れず、

すごく落ち込んでいる時にこの言葉に会いました。

頑張っていればいつか春が来る日が来る、

と信じて、実際に春も来ました。

一方で冬も来ました。

けどいつもこの言葉を胸に、仕事をその後も続けていられています。

LINEで送る

関連記事

  1. 挨拶で始まったら挨拶で終わるよな。 後はお前に任せるから

  2. チャレンジして失敗を恐れるよりも、 何もしないことを恐れろ

  3. ずっと一緒にいたい、という執着より、 いつかは別れる、という覚悟を。 なにかしてほしい、という甘えよりも、 なにかをしてあげたい、という御節介を。 哀しい、という脆弱性よりも、 哀しくさせられて嬉しい、という少しの異常を。

  4. 未来の海賊王の仲間が 情けねえ顔すんじゃねえ!

  5. マネージャー いつも私たちに代わりに責任を取って下さり ありがとうございます。

  6. 書物よりも 見たり聞いたりすること、 地位よりも 経験が第一の教育者だ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。