ひとつ失恋するたびに、 ひとつずつ好きな歌が 増えていくんだ

LINEで送る

 

『ひとつ失恋するたびに、ひとつずつ好きな歌が増えていくんだ

 

これは二十代のなかばで失恋した友人(男)が言った言葉です。

 

そいつをなぐさめようと、

 

私をふくめて数名の男たちがカラオケボックスに集まりました。

 

そいつはユーミンの「リフレインが叫んでる」を歌いました。

 

歌は傷ついた心をなぐさめてくれますね。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 簡単に手に入るものは、 何もない!

  2. どんな状況であっても、 誰にだってチャンスはある。

  3. 人の縁というのは、 出逢えることが全てではない。 縁がなかったことも、 また縁である

  4. 世の中女は五万といる

  5. どんな逆流にも踏んばり続ける事が人生なんだと あたしは思ってたけど 流されて生きるのはそんなにバカな事じゃないよ 前へ進めるなら

  6. 振られた時は 男だって一回 思いっきり泣いて、 それから笑えばいいんだよ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。