運命の人はふたりいて、 ひとりはその大切さを 2人目は生涯を共にする人

LINEで送る

 

18年間生きてきた中で一番愛していた人でした。

 

でも僕が忙しいせいで彼女に寂しい思いをさせていたのに気づいたのは

 

合鍵が部屋に置かれていたのを見てからです。

 

しかしある文章を目にした時、切り替えられたんです。

 

それが

 

『運命の人はふたりいて、ひとりはその大切さを2人目は生涯を共にする人』

 

と言う言葉です

 

LINEで送る

関連記事

  1. その人が運命の人なら またどこかで出会える

  2. 相手も人間なんだから あまり干渉しすぎると せっかく両想いなのに 嫌われちゃうよ!

  3. 失恋は決して 失敗なんかじゃないよ。 すばらしい思い出が残って、 君がこんなに 成長できたじゃないか

  4. 大丈夫。 自分の良さを信じて、 思いを伝えたらいい事が絶対に起こる。一番ダメなのが、 いつまでも思いを言わずに 「うじうじ」 している所、誰もがその 「うじうじ」 した人は嫌うと思うよ。

  5. 虹を見たければ、 ちょっとやそっとの雨は 我慢しなくちゃ。

  6. 別れてくれて 良かったありがとう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。