恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい

LINEで送る

 

大学一回生の頃、好きになった人が私の友人と付き合うことになりました。

 

同じ部活だったこともあり、

 

なんとか気持ちを消そうとしましたが、

 

夏目漱石の

 

『恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい』

 

という言葉で自分の気持ちを否定しなくて良いのだと気付きました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. どんな逆流にも踏んばり続ける事が人生なんだと あたしは思ってたけど 流されて生きるのはそんなにバカな事じゃないよ 前へ進めるなら

  2. 好きだと言えないから会いたいと言うだろうし 会いたいと言えないから飲みたいと言うのかもしれないし 飲みたいとすら言えなければ、 もうどうでもいい話しかできない、 どうでもいい話はどうでもいい話で、 純正の告白かもしれない。

  3. 簡単に手に入るものは、 何もない!

  4. 私たちの人生は、 私たちが費やした努力だけの 価値がある。

  5. 人が一生にする失敗の数は決まっていると思うわ。 いくら失敗する私だって、 し尽くしてしまったらおしまいよ。 そう思うと気が楽になるわ

  6. 士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。