次善の策は考えない。いつだって、最善策を。

LINEで送る

 

『次善の策は考えない。いつだって、最善策を。』

 

彩雲国物語という小説のセリフです。

 

この小説はファンタジーにはなりますが、

 

男社会の中で女性が強く生きていく様が描かれています。

 

人間は失敗する生き物です。

 

ただ失敗した時、その次に良い策でなく、その時うてる最善の策を考え、実行する。

 

仕事にひたむきな彼女だからこその言葉かなと思います。

 

難しいことだと解していますが、

 

私もこうありたいとついつい思ってしまいました。 

 

LINEで送る

関連記事

  1. そなたの努力周りはちゃんと見ておるぞ

  2. 自分はサラリーマンやっていて、 当然ながら上司が居ます。 今は年下に使われてますが。 責任とかあつて大変だと思いますが。 これからも、ご指導お願いいたします。 今以上に良い関係にしたいと。 思いますのでお願いします。 これからも期待してます。 体調とかに気をつけて主任頑張ってください。 いつまでも応援してますよ。 尊敬する上司ですから

  3. 人間万事塞翁が馬

  4. マネージャー いつも私たちに代わりに責任を取って下さり ありがとうございます。

  5. 未来の海賊王の仲間が 情けねえ顔すんじゃねえ!

  6. 嫉妬という字は、 2つとも女へんが使われているが、 これを男へんに変えたい。 女の嫉妬なんてかわいいもの。 男の嫉妬は、 国を変えてしまうほどの怖さがある。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。