次善の策は考えない。いつだって、最善策を。

LINEで送る

 

『次善の策は考えない。いつだって、最善策を。』

 

彩雲国物語という小説のセリフです。

 

この小説はファンタジーにはなりますが、

 

男社会の中で女性が強く生きていく様が描かれています。

 

人間は失敗する生き物です。

 

ただ失敗した時、その次に良い策でなく、その時うてる最善の策を考え、実行する。

 

仕事にひたむきな彼女だからこその言葉かなと思います。

 

難しいことだと解していますが、

 

私もこうありたいとついつい思ってしまいました。 

 

LINEで送る

関連記事

  1. 人はいつだって、 得意なやり方で、 世の中とぶつかっていくほかない。

  2. 自分はサラリーマンやっていて、 当然ながら上司が居ます。 今は年下に使われてますが。 責任とかあつて大変だと思いますが。 これからも、ご指導お願いいたします。 今以上に良い関係にしたいと。 思いますのでお願いします。 これからも期待してます。 体調とかに気をつけて主任頑張ってください。 いつまでも応援してますよ。 尊敬する上司ですから

  3. 士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

  4. 人生はクローズアップで見れば悲劇、  ロングショットで見れば喜劇。

  5. 多数に追随するな。 自分自身で決断せよ。そして 人々を納得させ、リードしていけ。

  6. サンドイッチは具がないと 美味しくない

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。