次善の策は考えない。いつだって、最善策を。

LINEで送る

 

『次善の策は考えない。いつだって、最善策を。』

 

彩雲国物語という小説のセリフです。

 

この小説はファンタジーにはなりますが、

 

男社会の中で女性が強く生きていく様が描かれています。

 

人間は失敗する生き物です。

 

ただ失敗した時、その次に良い策でなく、その時うてる最善の策を考え、実行する。

 

仕事にひたむきな彼女だからこその言葉かなと思います。

 

難しいことだと解していますが、

 

私もこうありたいとついつい思ってしまいました。 

 

LINEで送る

関連記事

  1. やってみて 言って聞かせて やらせてみて 誉めてやらねば 人は動かじ

  2. 人が一生にする失敗の数は決まっていると思うわ。 いくら失敗する私だって、 し尽くしてしまったらおしまいよ。 そう思うと気が楽になるわ

  3. 努力に勝る天才無し

  4. 不幸を治す薬は、 ただもう希望よりほかにない。

  5. どんな時もひたむきに

  6. 人生は重き荷を背負うて 長き坂を登るがごとき

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。