次善の策は考えない。いつだって、最善策を。

LINEで送る

 

『次善の策は考えない。いつだって、最善策を。』

 

彩雲国物語という小説のセリフです。

 

この小説はファンタジーにはなりますが、

 

男社会の中で女性が強く生きていく様が描かれています。

 

人間は失敗する生き物です。

 

ただ失敗した時、その次に良い策でなく、その時うてる最善の策を考え、実行する。

 

仕事にひたむきな彼女だからこその言葉かなと思います。

 

難しいことだと解していますが、

 

私もこうありたいとついつい思ってしまいました。 

 

LINEで送る

らくらくFX

関連記事

  1. マネージャー いつも私たちに代わりに責任を取って下さり ありがとうございます。

  2. 負けたことがあるというのが いつか大きな財産になる

  3. 部長、 これからどんどんミスしますので よろしくお願いしますッて言うんです!

  4. あなたが舵をきって船が沈んでも 誰も恨む人はいません。 あなたはこの船の船長で 私たちは船員ですから

  5. あなたたちが先ですよ生まれも経験も

  6. 人生という本には、 うしろのほうに 答えが書いてあるわけじゃない

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。