MA ribbon を使用した『最高のFX手法』を検証してみた【#98世界の手法から】

MA ribbon
LINEで送る

おつかれっす〜!ぱっくんです! MA ribbon

世界の手法からやっていきたいと思います!

この企画は世界のあらゆる手法、ロジック、ストラテジー、システム、インジケーターや怪しげな手法までを網羅的に検証していく動画です!

手法のアイデアや暇つぶしに役立ったな〜という人はチャンネル登録といいね!してもらえるとうれしいです!

はいと言うことでね、今日はこちらのインジケーターを紹介したいと思います! 

今回ご紹介するのは MA ribbon を使用した『最高のFX手法』 です。

画面のこちらになります!

MA ribbon

MA ribbon とは?

この手法は、海外のサイトをサーフィンしていたら見つけた手法です。

トレンドフォロー型の手法で、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期通貨取引に使用できます。

MA ribbon

▶オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ◀

MA ribbon

異なる期間のEMAを組み合わせて絵画されるインジケーターです。

この手法で使用される MA ribbon filled.89.21は、89EMAと21EMAを組み合わせたインジケーターになります。

見た目はGMMAに似ていますが、それよりも簡単なインジケーターになります。

わざわざインジケーターをダウンロードせずに、MT4純正で入っているものでも代用できます。

 関連 Urban Towers MT4のインジケーターの手法

MA ribbon の手法

時間足 :特になし
通貨ペア:特になし
取引セッション:スキャルピングとデイトレードはロンドンとニューヨーク、スイングトレードは24時間対応

インジケーター設定

  • MA ribbon
 MA ribbon

買い方

  • MA ribbon のヒストグラムが赤から緑に変わったら買う

利益確定

  • MA ribbon のヒストグラムが緑から赤に変わったら利確

損切り

  • 直近安値

MA ribbon

売り方

  • MA ribbon のヒストグラムが緑から赤に変わったら売る

利益確定

  • MA ribbon のヒストグラムが赤から緑に変わったら利確

損切り

  • 直近高値

▶オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ◀

ストキャスティクスを組み合わせる

  • ストキャスティクス
ストキャスティクス

買い方

  • MA ribbon のヒストグラムが赤から緑に変わる
  • ストキャスティクスオシレーターが下から20以上に戻ったら(売られ過ぎ)

利益確定

  • リスクリワード1:1.5
  • もしくは、トレーリングストップで利益を伸ばす

損切り

  • 直近安値
MA ribbon

売り方

  • MA ribbon のヒストグラムが緑から赤に変わったら売る
  • ストキャスティクスオシレーターが上から80以下に戻ったら(買われ過ぎ)

利益確定

  • リスクリワード1:1.5
  • もしくは、トレーリングストップで利益を伸ばす

損切り

  • 直近高値
MA ribbon

MA ribbon まとめ

いかがだったでしょうか?

気になった方は、ブログからダウンロードしていろいろな通貨ペア、時間足で試してみてください!また、

視聴者さんが気になっているサイトやYouTubeチャンネルなどがありましたら教えてください!

検証できそうなものはまた検証したいと思います!

それでは、パックンでした!

口座アフィリエイトご協力お願いしますm(__)m

→追加保証金(追証)のないFX口座TITAN FX口座←

→追加保証金(追証)のないFX口座 XM 2段階ボーナスあり←

▶FXトレーダーは絶対DLすべき!無料レポート◀

LINEで送る

関連記事

  1. 【#41世界の手法から】三角形の変な奴! EAとバックテストできなかった…【PANI FOREX】

  2. #23世界の手法から ティックボリュームを利用し、自動で水平線を引いてくれるインジケーター【PANI FOREX】

  3. 【#31世界の手法から】radar signal trading system

  4. 【#70世界の手法から】MT4のParabolic SARとMA を利用した手法は最強なのか?検証FOREX TRADING SYSTEM

  5. #18世界の手法からRenko chart arrow

  6. 【#58世界の手法から】2週間で最低〇0万円?最低勝率9〇%ある手法らしいホントか検証!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。