人はいつだって、 得意なやり方で、 世の中とぶつかっていくほかない。

LINEで送る

 

私の大好きな名言は小説家・伊坂幸太郎さんの言葉です。

モダンタイムズという彼の小説の一節に

「人はいつだって、得意なやり方で、世の中とぶつかっていくほかない。」という言葉があります。

仕事が続かず、

自分に合う仕事なんてないのではないかと落ち込んでいた際に励まされた言葉です。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 人生は重き荷を背負うて 長き坂を登るがごとき

  2. 次善の策は考えない。いつだって、最善策を。

  3. 自分はサラリーマンやっていて、 当然ながら上司が居ます。 今は年下に使われてますが。 責任とかあつて大変だと思いますが。 これからも、ご指導お願いいたします。 今以上に良い関係にしたいと。 思いますのでお願いします。 これからも期待してます。 体調とかに気をつけて主任頑張ってください。 いつまでも応援してますよ。 尊敬する上司ですから

  4. 人生は道路のようなものだ。 一番の近道は、 たいてい一番悪い道だ。

  5. 現在の一瞬はこの上なく素晴らしい 一瞬である。 現在夕食に五分遅れることは、 十年間の大きな悲しみより重要である。

  6. 石のうえにも三年

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。