人生において、万巻の書をよむより、 優れた人物に一人でも多く会うほうが どれだけ勉強になるか。

LINEで送る

『人生において、万巻の書をよむより、 優れた人物に一人でも多く会うほうがどれだけ勉強になるか。』
小泉信三の名言です。
八方美人で、全員に好かれようとしていた時期がありました。しかし、それはとてもつらい時期でした。
ある日、大切な人に出会うことができ。その人にだけに好かれればそれでいいと思えたら人生楽になりました。
LINEで送る

関連記事

  1. どんな芸術家でも最初は素人だった。

  2. 家にいるより一日も早く 皆さんにお会いしたかったので。

  3. ずっと一緒にいたい、という執着より、 いつかは別れる、という覚悟を。 なにかしてほしい、という甘えよりも、 なにかをしてあげたい、という御節介を。 哀しい、という脆弱性よりも、 哀しくさせられて嬉しい、という少しの異常を。

  4. 希望も夢も持たなきゃ楽ですよ 。自分の限界が見えてくるから。 その中で羞恥心とかプライドを捨てられると 人生って案外ちょろいことが多いんじゃないですかね。

  5. 多数に追随するな。 自分自身で決断せよ。そして 人々を納得させ、リードしていけ。

  6. 一人の人間が生まれてから死ぬまでの間、 本当にたわいもない人生だから、 大仰には考えない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。