人生において、万巻の書をよむより、 優れた人物に一人でも多く会うほうが どれだけ勉強になるか。

LINEで送る

『人生において、万巻の書をよむより、 優れた人物に一人でも多く会うほうがどれだけ勉強になるか。』
小泉信三の名言です。
八方美人で、全員に好かれようとしていた時期がありました。しかし、それはとてもつらい時期でした。
ある日、大切な人に出会うことができ。その人にだけに好かれればそれでいいと思えたら人生楽になりました。
LINEで送る

らくらくFX

関連記事

  1. 士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

  2. 冬来たりなば春遠からじ

  3. 人が一生にする失敗の数は決まっていると思うわ。 いくら失敗する私だって、 し尽くしてしまったらおしまいよ。 そう思うと気が楽になるわ

  4. 人生は重き荷を背負うて 長き坂を登るがごとき

  5. 性格は顔に出る、 本音は仕草に出る、 感情は声に出る、に加えれば、 疲労度合は靴底に出る、 プライドは襟に出る、 警戒心は鞄の口に出る、 余裕は歩く速度に出る、 厭世観は眉間に出る、 美意識は文体に出る、 反骨心は筆跡に出る、 自罰傾向は爪に出る、 他罰傾向は椅子の座り方に出る、 人の責め方に甘えは出る。

  6. 挨拶で始まったら挨拶で終わるよな。 後はお前に任せるから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。