人生において、万巻の書をよむより、 優れた人物に一人でも多く会うほうが どれだけ勉強になるか。

LINEで送る

『人生において、万巻の書をよむより、 優れた人物に一人でも多く会うほうがどれだけ勉強になるか。』
小泉信三の名言です。
八方美人で、全員に好かれようとしていた時期がありました。しかし、それはとてもつらい時期でした。
ある日、大切な人に出会うことができ。その人にだけに好かれればそれでいいと思えたら人生楽になりました。
LINEで送る

関連記事

  1. 人生は重き荷を背負うて 長き坂を登るがごとき

  2. ミスをして良かったね

  3. 始める事も踏み込む事もしない人生(みち)なんて スローモーション

  4. 負けたことがあるというのが いつか大きな財産になる

  5. 新人なんだから間違えてなんぼじゃん。 分からないことはどんどん聞いて、 先輩がこう教えてくれたくらいの 強い気持ちでいけば?

  6. 「一体どれだけ努力すればよいか」という人があるが、 「君は人生を何だと思うか」と反問したい。 努力して創造していく間こそ人生なのである。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。