恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい

LINEで送る

 

大学一回生の頃、好きになった人が私の友人と付き合うことになりました。

 

同じ部活だったこともあり、

 

なんとか気持ちを消そうとしましたが、

 

夏目漱石の

 

『恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい』

 

という言葉で自分の気持ちを否定しなくて良いのだと気付きました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 相手を変えようとするより、 あなた自身が変わりなさい

  2. 今は大好きかもしれないけど 時間が経てば 今の辛い気持ちが 絶対違って みえてくると思うよ!

  3. 世の中女は五万といる

  4. 男は星の数ほどいる

  5. 最初は勘違いでも、 運命と思えるのが 人間の強みだよ

  6. 簡潔なフレーズで ほどほどに愛しなさい、 長続きする恋は そういう恋だよ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。