恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい

LINEで送る

 

大学一回生の頃、好きになった人が私の友人と付き合うことになりました。

 

同じ部活だったこともあり、

 

なんとか気持ちを消そうとしましたが、

 

夏目漱石の

 

『恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい』

 

という言葉で自分の気持ちを否定しなくて良いのだと気付きました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 言わなきゃ気持ちは 伝わらないよ!

  2. 失恋も、 立派な恋愛経験だよ

  3. 恋愛の武士道

  4. 上を向いて歩こう

  5. 男は星の数ほどいる

  6. 連絡してみないとわからないよ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。