恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい

LINEで送る

 

大学一回生の頃、好きになった人が私の友人と付き合うことになりました。

 

同じ部活だったこともあり、

 

なんとか気持ちを消そうとしましたが、

 

夏目漱石の

 

『恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい』

 

という言葉で自分の気持ちを否定しなくて良いのだと気付きました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. いい勉強だったんだよ、 次に出会う人の為に 乗り越えなければならない 試練だよ

  2. 最初は勘違いでも、 運命と思えるのが 人間の強みだよ

  3. 毒を持って毒を制す

  4. 相手のわからない背景を 気にして悩んでいても 仕方がない。

  5. 最も長続きする愛は、 報われない愛である

  6. 何もしないよりも、 やって後悔した方が何倍もいい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。