恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい

LINEで送る

 

大学一回生の頃、好きになった人が私の友人と付き合うことになりました。

 

同じ部活だったこともあり、

 

なんとか気持ちを消そうとしましたが、

 

夏目漱石の

 

『恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい』

 

という言葉で自分の気持ちを否定しなくて良いのだと気付きました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 俺はお前の元彼女より、 お前のこと知ってるよ

  2. 生きるうえで最も偉大な栄光は、 決して転ばないことにあるのではない。 転ぶたびに起き上がり続けることにある。

  3. 思っているだけで 何もしないのは、 本当に愛していないのと 同じこと。

  4. 失ってからでは遅いから 彼のことよく考えてみたら?!

  5. 簡単に手に入るものは、 何もない!

  6. あなたはあなたであればいい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。