恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい

LINEで送る

 

大学一回生の頃、好きになった人が私の友人と付き合うことになりました。

 

同じ部活だったこともあり、

 

なんとか気持ちを消そうとしましたが、

 

夏目漱石の

 

『恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい』

 

という言葉で自分の気持ちを否定しなくて良いのだと気付きました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 飛べ、高く翔べ

  2. 告白は 上手く行かない時もある、 でも告白しなかったら 何も始まらない

  3. 士の相知るは温かにして葉を増さず 寒くして葉を枯らさず 畏敬を深めて益々固し

  4. 人の縁というのは、 出逢えることが全てではない。 縁がなかったことも、 また縁である

  5. 泣きたいときはプライドを捨て泣きなさい。 そして気持ちを切り替えなさい。

  6. 上を向いて歩こう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。