苦しくなる時は 自分の認められない所が 相手にうつるもんなんだ

LINEで送る

 

私が20歳の時に付き合っていた彼は共通点が多くて何をしていても楽しめる人でした。

 

1つだけ合わなかった所はこうだと思った事は曲げない所でした。

 

そんな時に会社の先輩に相談をしていたら

 

『苦しくなる時は自分の認められない所が相手にうつるもんなんだ

 

という事を言ってもらって彼でなく自分なんだなと思いました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 男は星の数ほどいる

  2. 他人と比べないことが大事

  3. 恋人とは目の前で 向き合うのではなく、 隣で同じ方向を 見るべきだ

  4. 恋愛の武士道

  5. どんな状況であっても、 誰にだってチャンスはある。

  6. 好きだと言えないから会いたいと言うだろうし 会いたいと言えないから飲みたいと言うのかもしれないし 飲みたいとすら言えなければ、 もうどうでもいい話しかできない、 どうでもいい話はどうでもいい話で、 純正の告白かもしれない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。