苦しくなる時は 自分の認められない所が 相手にうつるもんなんだ

LINEで送る

 

私が20歳の時に付き合っていた彼は共通点が多くて何をしていても楽しめる人でした。

 

1つだけ合わなかった所はこうだと思った事は曲げない所でした。

 

そんな時に会社の先輩に相談をしていたら

 

『苦しくなる時は自分の認められない所が相手にうつるもんなんだ

 

という事を言ってもらって彼でなく自分なんだなと思いました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 25歳になったばかりに私は、四年付き合った彼氏に振られました。原因は彼氏の浮気でした。元彼の部屋に行ったらゴミ箱にコンドームの使用済みのものが捨てられていました。もう浮気を隠すこともしないくらい私と別れたいのだと確信しました。世の中にはひどい振られ方をした人が沢山います。あなただけではありません

  2. 相手のことを信用できなければ、 本当の好きではない

  3. 命短し恋せよ少女。 もっとガンガンいっちゃいな!

  4. あなたは自分のタイプの人が 好きなタイプになれているの?

  5. 思っているだけで 何もしないのは、 本当に愛していないのと 同じこと。

  6. ずっと一緒にいたい、という執着より、 いつかは別れる、という覚悟を。 なにかしてほしい、という甘えよりも、 なにかをしてあげたい、という御節介を。 哀しい、という脆弱性よりも、 哀しくさせられて嬉しい、という少しの異常を。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。