恋人とは目の前で 向き合うのではなく、 隣で同じ方向を 見るべきだ

 

彼女と付き合い初めてすぐの頃、

 

よく細かいことでぶつかって喧嘩ばかりしてました。

 

そんな時に好きな小説にあった

 

恋人とは目の前で向き合うのではなく、隣で同じ方向を見るべきだ』

 

という言葉に出会いました。

 

彼女ばかりを見るのではなく、

 

もっと余裕を持って視野を拡げることも必要だと気付かされました。

 

関連記事

  1. みんなちがってみんないい

  2. 恋は 規則正しいリズムを 刻まない

  3. 恋愛で失った自信は 恋愛でしか 取り戻すことが出来ない

  4. 片思いで 満足していていいの?

  5. 生きるうえで最も偉大な栄光は、 決して転ばないことにあるのではない。 転ぶたびに起き上がり続けることにある。

  6. 好きだと言えないから会いたいと言うだろうし 会いたいと言えないから飲みたいと言うのかもしれないし 飲みたいとすら言えなければ、 もうどうでもいい話しかできない、 どうでもいい話はどうでもいい話で、 純正の告白かもしれない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。