【衝撃】128万回再生のImpulse MACDブレイクアウト手法、実際の効果は?

LINEで送る

こんにちは、世界のFX手法検証チャンネルへようこそ!

このチャンネルのミッションは、世に溢れるトレーディング戦略を徹底検証し、それが真実か虚偽かを明らかにすることです。

今日は、MACDインジケーターを使った刺激的なブレイクアウト戦略に焦点を当てます。

前回の動画で同じインジケーターを使用しましたが、今回は新たなアプローチを試みます。

まだ、前回の動画を見ていない方はそちらも見ていただけると嬉しいです。

さあ、利益を生み出す可能性のあるこの戦略について一緒に掘り下げてみましょう。

ブレイクアウトとは?

まずは、ブレイクアウトの定義から始めましょう。

ブレイクアウトとは、価格が一方向へ突然かつ顕著に動くことを言います。

これを利用すれば、最小限のリスクで大きな利益を得ることが可能です。

ブレイクアウトは通常、長期間のレンジ相場や横ばい市場の後に発生する傾向があります。

Impulse MACDブレイクアウト手法とは?

そこで、インパルスMACDの能力を利用して、これらのレンジ市場を特定し、ブレイクアウトが起こる前にそれを見つけ出すことができます。

インパルスMACDを利用してどのようにレンジを特定するかというと、まず、レンジ市場を見つけることから始めます。

これは、インパルスMACDが示すようにフラットラインが現れることで判断できます。

しかし、フラットな期間の長さも考慮する必要があります。

私たちが求めるのは、インパルスMACDが長期間フラットになるシグナルです。

これにより、偽のシグナルを受けないようにします。

なぜなら、市場がレンジ内に長く留まるほど、ブレイクアウトが発生する可能性が高くなるからです。

次に、ブレイクアウトの方向を予測します。

これは、ヒストグラムが上昇、または下降を探すことで予測します。

ここでは、ヒストグラムがフラットで、その後、価格が上昇するのに伴い、徐々にヒストグラムも上昇し始めます。

これは全体的な勢いが強気であることを示しており、この例に基づいて、ブレイクアウトは上向きに起こる可能性が高いと結論付けることができます。

これは、買いポジションを取る絶好の機会です。

Impulse MACDブレイクアウト手法説明

時間足:指定なし
通貨ペア:指定なし

ロングトレードの場合

  • FlatLineを見つける
  • ヒストグラムが上昇したらBUY

Take Profit

  • リスクリワード1:3

Stop loss ・ Loss cut

  • 元動画のストップロスは、あいまいな例えだったので今回は、レンジ幅の半分に設定

ショートトレードの場合

  • FlatLineを見つける
  • ヒストグラムが下降したらSELL

Take Profit

  • リスクリワード1:3

Stop loss ・ Loss cut

  • 元動画のストップロスは、あいまいな例えだったので今回は、レンジ幅の半分に設定

Impulse MACDブレイクアウト手法 バックテスト&結果

今回のバックテストでは、Flat Lineが現れても、ブレイクアウトせずにレンジ継続したり、すでにブレイクアウトが生き過ぎているポイントはエントリーしませんでした。

USDJPYとEURUSDの1時間足で検証しました。

2つの通貨ペア、USDJPYとEURUSDでのパフォーマンスに大きな違いが見られました。以下、詳細な結果です。

経過日数784日
合計トレード15回
勝ちトレード7回
負けトレード8回
建値0回
総利益818.70pips
利益計1189.40pips
損失計370.70pips
プロフィットファクター3.21
勝率47%
負け率53%
USDJPY

経過日数784日
合計トレード7回
勝ちトレード2回
負けトレード5回
建値0回
総利益-4.00pips
利益計225.80pips
損失計229.80pips
プロフィットファクター0.98
勝率29%
負け率71%
EURSUD

  • USDJPYにおいて: この手法は比較的良好な成績を示しました。勝率は約47%で、プロフィットファクターは3.21に達しました。
    これは、勝った際の利益が負けた際の損失を大きく上回っていることを意味します。
    総利益は818.70 pipsにのぼり、リスクリワード比はポジティブな結果を示しています。

  • EURUSDにおいて: この手法は挑戦的な結果となりました。
    勝率は29%にとどまり、プロフィットファクターはほぼ1(0.98)で、これは獲得した利益と失った損失がほぼ等しいことを意味します。
    総利益はマイナス4 pipsであり、この手法はEURUSDでのトレードにおいては効果が限定的であったと言えます。

インパルスMACDブレイクアウト手法は通貨ペアによって大きく成績が異なる可能性があります。

USDJPYでは有効な戦略であることが示されましたが、EURUSDでは改善の余地があることが分かりました。

この結果から、トレーダーは通貨ペアの選択、戦略の微調整、または特定の市場条件下での適用を検討することが重要です。

また、常にリスク管理を念頭に置き、戦略を実践する際には慎重に進めるべきでしょう。

Impulse MACDブレイクアウト手法 終わりに

皆さんはどう思いますか?

今回はインパルスMACDブレイクアウト手法をご紹介しました。

この手法についてのご意見をコメントで教えてください。

また、このチャンネルで取り上げてほしい他の手法があれば、ぜひ提案してください。

今日のビデオが役立ったと思ったら、いいねとチャンネル登録を忘れずに。

それでは、次回の動画でお会いしましょう。パックンでした。

LINEで送る

関連記事

  1. 【#77世界の手法から】MT4のインジケーターローソク足の残り時間とスプレッドを表示するCandle Time End And Spreadを紹介する!

  2. #10 世界の手法から COG Half Repaint

  3. 【96.8%の精度】平均足を使った5分足スキャルピング手法で利益を最大化する究極のインジケーター!

  4. 平均足のパターンとEMAで100pips取れるらしい手法が本当か検証してみた【#108世界の手法から】

  5. 『10万円を500万円に変えた』という単純な取引戦略が本当か検証してみた!ボリンジャーバンド+MA【#110世界の手法から】

  6. #13世界の手法から 白金過給機FX

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。