「ガチで稼ぎすぎ注意!とんでもないFXスキャルピング手法」とやらを検証してみた。

LINEで送る

おつかれっす〜パックンです!

FXトレーディング手法の真実を探究するチャンネルへようこそ!

今日は、特に忙しいサラリーマンやトレーディング初心者にも手軽に始められると話題のFXスキャルピング手法を検証します。

この手法は本当に効果的なのか、それともただの過大広告なのか、一緒に見ていきましょう。

投資家の祭典 GogoJungle AWARD 2023

稼ぎすぎスキャルピング手法とは?

この手法は、FX市場でのスキャルピングに焦点を当てたトレーディング手法です。

主に、短期間の価格変動を利用して小さな利益を積み重ねることを目指します。

手法の核心は、シンプルさと効率性にあり、トレーダーが複雑な市場分析や時間を要するチャート監視から解放されるように設計されています。

【関連】トレーディングビューで最も強力なインジケーターDIY custom 手法を検証してみた

インジケーター設定

本家の動画には特定のインジケーターを使用することはなかったのですが、人によってレンジの見極めが異なり、曖昧になってしまうので、再現性を得るために一定のルールをつけたいと思い、補助的に次のインジケーターを使用したいと思います。

Squeeze Momentum Indicator

トレードのゲームチェンジャーSqueeze Momentum Indicatorです。

トレーダーの皆さん、市場の大きな動きを見逃していませんか?

Squeeze Momentum Indicatorは、市場のボラティリティが収縮して大きな動きが近づいていることを示します。

Bollinger BandsがKeltner Channelsの内側に収まるとき、それはスクイーズが発生しているサインになります。

スクイーズが解消され、色が緑に変わると、それは買いのチャンスのサインです。

LazyBear版のこのインジケーターは、その直感的な色の変化と精度の高さで、トレードの決断をより簡単にします。

それでは設定に移ります。

  • トレーディングビューを開きます。
  •  インジケータータブに移動します。
  • 「Squeeze Momentum Indicator」と入力して選択します。
  • Styleタブに移動して、プロットの色を見やすいように変更します。

稼ぎすぎスキャルピング手法説明

時間足:1時間足.5分足

通貨ペア:外国為替

ロングトレードの場合

  • Squeeze Momentum Indicatorがレンジを示している。(この場合白色の十字)
  • 1時間足でレンジの高値と安値に水平線を引きます。

5分足に移動し、1時間足で設定したレンジの高値を終値でブレイクアウトしたらロングエントリーを行います。

Take Profit

• 利確は、1時間足で確認したレンジ幅と同等の距離だけ上に設定します。

ストップロス・ロスカット

• レンジの安値(エントリー時に設定した水平線の下側)を損切りポイントとします。

ショートトレードの場合

  • Squeeze Momentum Indicatorがレンジを示している。(この場合白色の十字)
  • 1時間足でレンジの高値と安値に水平線を引きます。
  • 5分足に移動し、1時間足で引いたレンジの安値を終値でブレイクアウトしたらショートエントリーを行います。

Take Profit

• 利確は、1時間足で確認したレンジ幅と同等の距離だけ下に設定します。

ストップロス・ロスカット

• レンジの高値(エントリー時に設定した水平線の上側)を損切りポイントとします。

オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ(MT4・MT5)
海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中

稼ぎすぎスキャルピング手法バックテスト&結果

今回のFXスキャルピング手法検証では、主に1時間足と5分足を使ってレンジブレイクアウトを検証しました。

使用した主なツールはSqueeze Momentum Indicatorで、これにより市場のボラティリティが収縮し、大きな動きが近づいている時を示すスクイーズ状態を検出しました。

このインジケーターは、Bollinger BandsがKeltner Channelsの内側に収まることでスクイーズが発生しているサインを提供し、その後の色の変化がトレードのチャンスを示しています。

検証結果

経過日数61日
合計トレード8回
勝ちトレード4回
負けトレード4回
建値0回
総利益147.20pips
利益計510.10pips
損失計362.90pips
プロフィットファクター1.41
勝率50%
負け率50%
USD/JPY
経過日数61日
合計トレード5回
勝ちトレード2回
負けトレード3回
建値0回
総利益-105.40pips
利益計85.80pips
損失計191.20pips
プロフィットファクター0.45
勝率40%
負け率60%
EUR/USD
経過日数61日
合計トレード4回
勝ちトレード3回
負けトレード1回
建値0回
総利益75.50pips
利益計103.30pips
損失計27.80pips
プロフィットファクター3.72
勝率75%
負け率25%
EUR/GBP

解説

この手法は、異なる通貨ペアに対して異なる成果をもたらしました。

特にEUR/GBPでは75%の高勝率を達成し、一方でEUR/USDは40%の勝率という結果でした。

勝率の差は、通貨ペアのボラティリティや市場の特性によるものである可能性が高いです。

この手法の有効性については、勝率だけでなく、プロフィットファクターや総利益などの他の指標も考慮する必要があります。

USD/JPYとEUR/GBPの場合、一定の利益を得ることができましたが、EUR/USDでは損失が生じています。

これは、トレーディング戦略が全ての市場状況や通貨ペアに同様に効果的であるとは限らないことを示しています。

オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ(MT4・MT5)
海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中

稼ぎすぎスキャルピング手法終わりに

今日の戦略検証はいかがでしたか?

あなたのトレーディングに役立つ情報を提供できたなら幸いです。

このチャンネルでは、これからも様々なトレーディング戦略をテストし、その真実をお届けしていきます。

質問や検証してほしい戦略があれば、ぜひコメントで教えてください。

そして、このビデオが役立ったと思ったら、いいねとチャンネル登録を忘れずに。

次回のビデオでまたお会いしましょう。パックンでした。

>>100円から取引できる、あんしんFX口座開設はこちら<<

海外FX口座キャッシュバックキャンペーン中

FXトレーダーは絶対DLすべき!無料レポート

LINEで送る

関連記事

  1. 移動平均線2本で1万円から100万円を稼ぐ手法があるらしい!本当か検証してみた【#99世界の手法から】

  2. 【勝率90%】 MACD とBUY SELLシグナルを使った「負ける方が難しい」手法を検証してみた【#134世界の手法から】

  3. CCIは最強らしい!?『高精度スキャルピング手法』を検証してみた【#106世界の手法から】

  4. 【#28世界の手法から】 視聴者さんに教えてもらったインジ『MACD MIRROR』をEA化してみた。

  5. 【#32世界の手法から】Forex Stryder Strategy&EA

  6. MT4インジケーターCenter of Gravity

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。