嫉妬という字は、 2つとも女へんが使われているが、 これを男へんに変えたい。 女の嫉妬なんてかわいいもの。 男の嫉妬は、 国を変えてしまうほどの怖さがある。

LINEで送る

 

『嫉妬という字は、 2つとも女へんが使われているが、

 

これを男へんに変えたい。

 

女の嫉妬なんてかわいいもの。

 

男の嫉妬は、 国を変えてしまうほどの怖さがある。』

 

小池百合子さんの言葉です。

 

政治の世界はまだまだ男社会、

 

その中で女性初の東京都知事になられた方の言葉は、

 

とても重みがありました。

 

日本のトップに立つ賢く強い女性の象徴の1人の言葉に、

 

元気をいただきました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 新人なんだから間違えてなんぼじゃん。 分からないことはどんどん聞いて、 先輩がこう教えてくれたくらいの 強い気持ちでいけば?

  2. あなたが舵をきって船が沈んでも 誰も恨む人はいません。 あなたはこの船の船長で 私たちは船員ですから

  3. 完璧な文章などといったものは存在しない。 完璧な絶望が存在しないようにね。

  4. そなたの努力周りはちゃんと見ておるぞ

  5. やっぱり仕事している女性は違うのよ。 近所の役員しててもお仕事してる人は 意識も違うし頼りになるの。 だからこれからも働ける限りは働き続けた方が良いよ、 お互い頑張ろうね。

  6. 性格は顔に出る、 本音は仕草に出る、 感情は声に出る、に加えれば、 疲労度合は靴底に出る、 プライドは襟に出る、 警戒心は鞄の口に出る、 余裕は歩く速度に出る、 厭世観は眉間に出る、 美意識は文体に出る、 反骨心は筆跡に出る、 自罰傾向は爪に出る、 他罰傾向は椅子の座り方に出る、 人の責め方に甘えは出る。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。