ASCTrend Matrix 2tf と MA を使った最強手法を検証【101世界の手法から】

LINEで送る

おつかれっす〜!ぱっくんです! ASCTrend Matrix 2tf と MA を使った最強手法

世界の手法からやっていきたいと思います!

この企画は世界のあらゆる手法、ロジック、ストラテジー、システム、インジケーターや怪しげな手法までを網羅的に検証していく動画です!

手法のアイデアや暇つぶしに役立ったな〜という人はチャンネル登録といいね!してもらえるとうれしいです!

はいと言うことでね、今日はこちらのインジケーターを紹介したいと思います! 

今回ご紹介するのは ASCTrend と MA を使った最強手法 です。

画面のこちらになります!

ASCTrend とは?

今回も怪しげな手法はないかとネットサーフィンしていたら見つけた手法です。

こちらが今回使うインジケーターになります。

ASCTrend と ASCTrend Matrix 2tf と MA(移動平均線)です。

▶オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ◀

ASCTrendは、トレンドフォロー型のインジケーターです。

ラリー・ウィリアムズの考案したWilliams%Rをベースにしています。

Williams%Rが「買われすぎ」になったら買いサイン、「売られすぎ」になったら売りサインが出ます。

ASCTrend Matrix 2tfは、1つのサブウィンドウでASCTrendを2つ(時間足)表示してくれるオシレーターです。

Williams%R

ウィリアムズ%Rは、モメンタムベースのオシレーターで、主に買われすぎと売られすぎの状態を識別する目的でテクニナル分析で利用されます。ウィリアムズ%Rは、現在の終値とユーザー定義期間の最高値の比較に基づいています。%Rは、0から-100(負の値である事にご注意下さい)の間を振動し、値が0に近いほど買われすぎの状態である事を示し、-100に近いほど売られすぎの状態である事を示します。%Rは通常、買われすぎと売られすぎの状態、及び全体的なモメンタムの変化に基づくセットアップを生成します。

トレーディングビュー

 関連 EMAとRSIインジケーターで1日10〜20pips取れるらしい手法

ASCTrend と MA を使った最強手法

時間足 :特になし
通貨ペア:特になし

Moving Average(移動平均線)インジケーター設定

asctrend

ASCTrend インジケーター設定

asctrend

ASCTrend Matrix 2tfインジケーター設定

asctrend

買い方

  • ロウソク足が200MAより上にある
  • ASCTrend Matrix 2tfが上下共に青
  • ASCTrendの上矢印が出たら買い

利益確定

  • リスクリワード1:1.6
  • 反対の矢印が出たら

損切り

  • 直近安値
asctrend

売り方

  • ロウソク足が200MAより下にある
  • ASCTrend Matrix 2tfが上下共に赤
  • ASCTrendの下矢印が出たら売り

利益確定

  • リスクリワード1:1.6
  • 反対の矢印が出たら

損切り

  • 直近高値
asctrend

▶オリジナルのEAやインジケーターが作れるアプリ◀

ASCTrend と MA を使った最強手法まとめ

いかがだったでしょうか?

気になった方は、いろいろな通貨ペア、時間足で試してみてください!また、

視聴者さんが気になっているサイトやYouTubeチャンネル、怪しげな手法などがありましたら教えてください!

検証できそうなものはまた検証したいと思います!

それでは、パックンでした!

口座アフィリエイトご協力お願いしますm(__)m

▶ボーナスとキャッシュバックの2重取りできるFX口座◀

▶FXトレーダーは絶対DLすべき!無料レポート◀

LINEで送る

関連記事

  1. 【#44世界の手法から】TDIとストキャスティクスを使った手法(EA)

  2. 【#11世界の手法から】海外無料ツールinfinityをinfinityっぽくしてみた!

  3. #21世界の手法から 1M足 スキャルピング 手法

  4. 【#55世界の手法から】数ヶ月◯00万EnvelopeとCCIを使った手法(EA)

  5. 【#70世界の手法から】MT4のParabolic SARとMA を利用した手法は最強なのか?検証FOREX TRADING SYSTEM

  6. #26世界の手法から 矢印インジケーターEAにしてみた【PANI FOREX】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。