恋愛の武士道

LINEで送る

 

42歳の時に彼の周囲の状況が思わしくなくなり

 

精神的に病んでしまい、

 

距離を置きたいと言われました。

 

でも納得行かずに、

 

自分の想いを何と伝えればわかってもらえるかと苦しみました。

 

そんな時に、

 

宇野千代さんの言葉を思い出しました。

 

『恋愛の武士道』

 

その言葉を思い出し、

 

潔く別れることにしました。

 

LINEで送る

関連記事

  1. 世界のすべてが 恋人を否定しても、 あなただけは 味方であるべきだ

  2. 恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい

  3. 人の縁というのは、 出逢えることが全てではない。 縁がなかったことも、 また縁である

  4. 大丈夫。 自分の良さを信じて、 思いを伝えたらいい事が絶対に起こる。一番ダメなのが、 いつまでも思いを言わずに 「うじうじ」 している所、誰もがその 「うじうじ」 した人は嫌うと思うよ。

  5. 「一体どれだけ努力すればよいか」という人があるが、 「君は人生を何だと思うか」と反問したい。 努力して創造していく間こそ人生なのである。

  6. 好きだと言えないから会いたいと言うだろうし 会いたいと言えないから飲みたいと言うのかもしれないし 飲みたいとすら言えなければ、 もうどうでもいい話しかできない、 どうでもいい話はどうでもいい話で、 純正の告白かもしれない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。